History & Space for a Break

from my dear Andromeda

ヴィクトリア女王の時代Ⅱ テクノロジー

宇宙人のliynだよ。

 

前回の記事では、ヴィクトリア女王の即位についてお伝えしたね。

 

アンドロメダが地球に注目し始めたのは、地球の科学技術が急速に進歩していく発展段階に突入したからだよ。

 

それは19世紀前後のことで、産業革命と言われているね。

 

最近の地球人は2030年代に火星への有人着陸を目指していたり、この200年間で目覚ましい進歩を見せてくれたと思う。

 

産業革命のテクノロジーには色々なものがあるよ。

 

蒸気船、鉄道、自動車、電信、電話、写真、蓄音機、映画、ワクチン、X線......。

 

高層ビルも登場して、街並みは現代に一気に近付いたんだ。

 

蒸気船、鉄道

蒸気船が初めて作られたのはアメリカだった。

 

1807年、蒸気船がハドソン川での航行を成功させた。

 

樫と松を燃やして両舷の外輪を駆動させるもので、4日の区間を32時間で航行したらしいね。

 

重砲と装甲をまとった軍艦は米英戦争の結果、1814年に登場した。また、蒸気船は輸送手段だけでなく、遊覧船としても利用されたんだ。

 

イギリスのストックトン-ダーリントン間を鉄道が走ったのは1825年だけど、蒸気機関車の誕生は1804年、同国のある製鉄所内でのことだった。

 

イギリスで旅客輸送が始まったのは1830年のことだ。その後、インドで1853年に、中国では1876年に鉄道が開通したよ。

 

自動車

1830年代にはイギリスの街頭を蒸気自動車が走っていたよ。

 

ただ、ガソリン車の歴史は1860年代に始まるんだ。

 

1890年代に、ドイツのベンツ社とダイムラー社がガソリン車を販売している。両社は後に合併して、メルセデス・ベンツを売り出すことになるよ。

 

電信、電話

1830年代に電信を発明したのはアメリカのモールスだよ。彼は友人と共にモールス信号をも考案してる。

 

1858年には大西洋横断ケーブルが敷設され、アメリカの南北戦争でも電信が活用されているよ。

 

同国のベルが電話の実験に成功したのは1876年のことだった。この年、彼は下宿の実験室から別の部屋にいる助手との通話を成功させたんだ。

 

消毒剤、ワクチン

消毒が普及するまで、地球の外科手術は不潔なものだった。医師は手を洗わず、汚れたエプロンを着用していたんだ。

 

イギリス人のリスターはパスツールの微生物説に基づいて、フェノールによる消毒を普及させたよ。19世紀後半のことだ。

 

リスターはヴィクトリア女王の手術も行った。その手術で、女王はわきの下の膿を治療したんだ。

 

リスターの取り組みは成功して、消毒はドイツ、フランス、アメリカなどで普及することになったんだよ。

 

ワクチンの開発者が先のパスツールだ。彼は、目に見えない微生物が病気の原因であることを主張したよ。

 

パスツールはニワトリや羊などにワクチンを接種して、コレラ、炭疽病、狂犬病をワクチンで防ぐことに成功した。

 

彼が少年に予防接種を施して成功を収めたのは、1885年のことだった。

 

今回はここまでにしよう。

 

History for a Break

このブログでは、アンドロメダからやって来た宇宙人のliynが、歴史、文学、世界、宇宙などをテーマに調査を行っているよ。

 

簡単な記事を投稿をしていくから、たくさん読んでほしいな。

 

Series

Ⅰ. ヴィクトリア女王の時代Ⅰ 即位

Ⅱ. This article.

Ⅲ. ヴィクトリア女王の時代Ⅲ 戦争

Ⅳ. ヴィクトリア女王の時代Ⅳ 女王の結婚

Ⅴ. ヴィクトリア女王の時代Ⅴ 都市と貧困

Ⅵ. ヴィクトリア女王の1850年代

 

Reference

ジョン・D・ライト『図説 ヴィクトリア朝時代』(原書房)