History & Space for a Break

from my dear Andromeda

ヴィクトリア女王の時代Ⅳ 女王の結婚

宇宙人のliynだよ。

 

僕の最近の調査対象はヴィクトリア女王だ。

 

ヴィクトリア女王の治世を知ることは、僕が興味のある19世紀の歴史を理解することに繋がってくるからね。

 

彼女は1837年に即位して、翌年に戴冠式を終えた。

 

今回のテーマは彼女の結婚だけど、結婚当時の1840年、女王はまだ20歳に過ぎなかったんだ。

 

結婚を境に、彼女は未熟な君主から、母であり、誠実な君主でもある一人の女性へと成長を遂げていくよ。

 

20歳の女王

最初、ヴィクトリア女王は君主として、結婚の意志はないと当時のメルバーン首相に語っていた。

 

一方で、叔父でベルギー君主のレオポルドは、自分の出身であるザクセン=コーブルク公国の王子と女王の結婚を画策していたんだ。

 

やがて、女王はザクセン=コーブルクの王子と会うと決まった。

 

しかし、メルバーン首相はイギリスの君主とドイツの若者との結婚に、不安を感じていたようだ。

 

1839年、女王が20歳の年だ。

 

低迷①

この頃、2つの事件が女王の人気を低迷させていた。

 

一つ目は、へースティングス事件だね。

 

この年、女官のへースティングスが肝臓がんで亡くなった。ホイッグ党を推す女王はトーリー系の女官を信用していなかったよ。

 

女王がした噂話が、女王自身への不信感に繋がったようだ。

 

彼女はがんで未婚の女官のお腹が膨らむのを見て、妊娠していると信じて疑わなかったんだ。

 

低迷②

もう一つが寝室女官事件だ。

 

当時女王が最も信用していた人物で首相のメルバーンが、選挙で敗北して、辞任することになった。女王は狼狽したようだね。

 

当時、内閣が変われば、王室の人事も変わるのが常だったんだ。今回の場合、ホイッグ系からトーリー系へ人事が変わるべきという風にね。

 

女王はこれを拒否した。

 

新しい首相ピールは辞任に追い込まれ、メルバーンが首相に復帰したよ。

 

しかし、女王の頑固な態度に、議会や労働者などの国民は不信感を抱いたんだ。

 

女王はまだまだ、君主として未熟だったんだね。

 

アルバート王子

ザクセン=コーブルクの王子の名はアルバートと言うよ。

 

彼は知的でハンサムで、高度な教育を受けた人物だったようだ。おとぎ話のような環境の故郷で育った彼は、自然を愛していたよ。

 

女王が結婚問題を先延ばしにしている間、彼はボン大学で学んだんだ。

 

彼は芸術、法律、政治、経済を学び、哲学や文学を好んだよ。女王が軽い読書で満足する人物だったことと対照的だね。

 

結婚の申し込み

1839年の秋、女王とアルバートはウィンザー城で会った。

 

女王は彼を一目見るや、結婚する気になったんだ。

 

彼女はアルバートを部屋に呼んで、結婚を申し込んだ。彼は英語も話せたけど、ドイツ語で結婚に同意したようだよ。

 

君主として

二人はお互いに夢中だった。

 

だけど、女王には君主として冷静な部分もあったんだ。

 

一度帰国したアルバートからの手紙に、彼女はこう答えている。未来の夫は女王とのハネムーンを夢想していたんだけどね。

 

わたくしの最愛の人であるあなたは、お忘れなのですね。わたくしが君主であることを。仕事をむやみに止めたり、待たせたりはできないのです。議会も控えているし、ほぼ毎日、色々起こります。その対応のために、わたくしが必要になるかもしれません。(...)

 

結婚

翌1840年、ヴィクトリア女王とアルバート王子は結婚した。

 

しかし、イギリス人となったアルバートの地位は正当なものではなかったんだ。

 

女王が彼に女王に次ぐ王配殿下の称号を授けるには、1857年まで待たなければならなかったよ。

 

当日の朝は雨模様だったんだけど、結婚式では、女王は優しく清楚なクリーム色のシルクのウェディングドレスを着たよ。

 

会場は、セントジェームズ宮殿の王室礼拝堂だった。

 

女王は叔父のレオポルドへの手紙に、次のように書いた。

 

本当に、世界中でわたくしよりも、または同じくらい幸せな人がいるとは考えられません。彼は天使のような人で、その優しさと愛情には心を動かされます。(...)

 

出産

レオポルド叔父の妻で、ジョージ4世(在位1820~30年)の娘であるシャーロットが出産で亡くなったこともあり、女王は妊娠を恐れた。

 

だけど、彼女は結婚の6週間後に妊娠するんだ。

 

1840年11月、第一王女ヴィクトリアが誕生する。両親はこのよく出来た娘を溺愛したようだ。

 

彼女はプロイセンの皇太子と結婚することになる。その子は、後にヴィルヘルム2世として即位し、第一次世界大戦に突入していくよ。

 

下は、女王夫妻と長女ヴィクトリアを描いたものだ。

 

Windsor Castle in Modern Times. 1841-1845

 

今回はここまでにしよう。

 

History for a Break

このブログでは、アンドロメダからやって来た宇宙人のliynが、歴史、文学、世界、宇宙などをテーマに調査を行っているよ。

 

簡単な記事を投稿をしていくから、たくさん読んでほしいな。

 

Series

Ⅰ. ヴィクトリア女王の時代Ⅰ 即位

Ⅱ. ヴィクトリア女王の時代Ⅱ テクノロジー

Ⅲ. ヴィクトリア女王の時代Ⅲ 戦争

Ⅳ. This article.

Ⅴ. ヴィクトリア女王の時代Ⅴ 都市と貧困

Ⅵ. ヴィクトリア女王の1850年代

 

Reference

デボラ・ジャッフェ『図説 ヴィクトリア女王』(原書房)