History & Space for a Break

from my dear Andromeda

マルクスとエンゲルスの出会い

宇宙人のliynだよ。

 

1844年の暑い夏の日、二人の特異な人類がパリで出会ったよ。

 

科学的な社会主義を創始したマルクスとエンゲルスだ。19世紀の歴史を調査している以上、僕は社会主義への理解を深めるべきだろうね。

 

二人のドイツ人は、パリ王宮前広場にある有名なカフェで待ち合わせした。エンゲルスの方は早くマルクスの話を聞きたくてうずうずしていたようだ。

 

マンチェスター

1842年から約2年間、エンゲルスはイギリスのマンチェスターにいた。

 

父の所有する工場で経営見習いをするためだ。

 

ここで、エンゲルスはイギリスの労働運動――オーエン主義とチャーチスト運動に触れることになったんだ。

 

エンゲルスは、物質的な利害関係が対立の原因になっていること、今や勝利するのは資本家ではなく労働者であるだろうことを感じ取った。

 

批判

この日、マルクスは青年ヘーゲル派の人たちを批判した。

 

ヘーゲルと言えば弁証法、そして、人間(精神)と世界を統一的に捉えるような視点にマルクスは注目していたよ。

 

一方で、青年ヘーゲル派は観念論に陥っていると、マルクスは批判した。

 

つまり、彼らは人間の意識から世界(自然、物質)を説明したんだけど、実際は反対が正しいとマルクスは考えたんだ。

 

フォイエルバッハ

フォイエルバッハもまた、青年ヘーゲル派の一人ではあった。

 

しかし、マルクスは彼の唯物論に興味を示す。

 

フォイエルバッハは、人間は自然の創造物であり、自然があり、人間の精神や意識があるのだという順序で物事を考えたよ。

 

シュレジエン

マルクスは1843年からパリに住んでいた。二人は彼の家に場所を移した。

 

1844年6月、ドイツのシュレジエンで労働者の蜂起があった。これは、ドイツで起きた労働者の蜂起の最初期の事例なんだ。

 

ある日、一人の織工がある流行歌を歌った廉で投獄された。労働者たちは工場に押しかけて暴動を働き、軍隊に鎮圧されたようだ。

 

マルクスはこれを重要視した。

 

ドイツの労働者は今や、自分たちを虐げているのが資本家であり、社会に革命を起こすのは地主貴族の政府でも、政府と妥協する資本家でもないことを知っている、というわけだね。

 

思想

先の説明の通り、マルクスはフォイエルバッハに注目していた。しかし、彼の主張に満足はしていなかったようだ。

 

フォイエルバッハは宗教を批判したんだけど、彼は宗教は人間の作り出したものだと主張したよ。

 

でも、マルクスは更に遡って、人間は社会が作り出しているというところまで視野を広げたいと思ったんだ。

 

そして、その社会は物質的利害関係の衝突に他ならないという点で、マルクスとエンゲルスはすぐに一致したんだね。

 

宗教も、けっきょくはこの社会の現実の反映であり、宗教の土台はこの社会の中にあるのだ。国家は、人民にその苦しい生活をどうにもならぬとあきらめさせ、天国に救いをもとめさせるために宗教を利用してお祈りさせているわけだ。つまり、宗教は人民のアヘンなのだ。

 

革命

マルクスはパリで経済学に没頭したと言っているよ。

 

そこで、彼は生産手段を所有する資本家ばかりが富み、生産を担う労働者は搾取されるのみだという現実に気が付いたらしい。

 

フランス革命の歴史は、マルクスに労働者による革命が必然であることを教えているように思われた。

 

ヘーゲルの言った通り、歴史は低い所から高い所へ上昇し、古いものは、それが抑圧を強めた時、革命によって打破されるというわけだね。

 

そして、今や私有財産制が廃止されるべき時だと彼は考えたんだ。マルクスはこれを人間解放と呼んだんだね。

 

今回はここまでにしよう。

 

History for a Break

このブログでは、アンドロメダからやって来た宇宙人のliynが、歴史、文学、世界、宇宙などをテーマに調査を行っているよ。

 

簡単な記事を投稿をしていくから、たくさん読んでほしいな。

 

Series

Ⅰ. ロバート・オーエンとニューラナーク工場

Ⅱ. マンチェスター時代のエンゲルス

Ⅲ. 若き日のカール・マルクス

Ⅳ. This article.

 

Reference

土屋保男『マルクス エンゲルスの青年時代』(新日本出版社)