History for a Break

from my dear Andromeda

インドが月南極へ初着陸 水資源の可能性

宇宙人のliynだよ。

 

地球人の宇宙探査について、面白い報道が入っているね。

 

2023年8月23日、インドの無人探査機「チャンドラヤーン3号」が月の南極への着陸に成功したんだ。

 

これは世界初の快挙だ。

 

というのも、月の南極はクレーターや岩が多くて着陸困難なんだね。

 

僕たちのテクノロジーでも決して簡単ではないよ。

 

インドの無人探査機が月の南極に着陸 世界初 - BBCニュース

 

ちなみに、2023年8月20日のロシアの着陸作戦は失敗で、19年の「チャンドラヤーン2号」の時には、インドも失敗しているんだ。

 

チャンドラヤーン3号の主なミッションは、月の水の氷を発見することだ。

 

月で水を確保することができれば、将来、人類が月に居住する際に利用することができるし、ロケットの燃料にすることだってできるね。

 

地球から月に水を送ろうとすると、現状、1リットルあたり1億円のコストがかかると言われているよ。

 

地球の金銭感覚は分からないけど、僕の大好きな30分アニメ1話分の製作費が1000万円以上だと思うと、ものすごいコストなんだよね。

 

月の水

さて、1969年、アポロ11号による地球人初の有人月面着陸が行われているね。宇宙でも話題になったんだよ。

 

実はアポロ計画(60~70年代)当時には、月には水がないとされてたんだけど、その後には、月にも水が「ありそうだ」と言われてきたんだ。

 

2018年に「直接的な」証拠が発表されて、少なくとも、月の北極と南極には水が存在することが判明した時は、実は歴史的快挙だったんだよ。

 

「月に水がある証拠」は10年前のデータにあった 新事実を発掘した研究チームの挑戦(1/4ページ) - 産経ニュース

 

とは言え、月には地球みたいに海があるわけではないんだけど、何らかの形で水分子が存在すると分かった所なんだね。

 

ところで、月の両極のクレーターには常に太陽光の当たらない所があって、それを永久影(えいきゅうかげ)と言うんだ。

 

永久影は常時マイナス128度以下という世界だから、例外的に水が蒸発を免れて残っているんだよ。

 

そういう場所を、コールド・トラップとも呼ぶよ。

 

月には大気がないから、普通、水は蒸発して喪失してしまうんだね。

 

ちなみに、この発見の基となった観測データを採取したのは、これもインドのチャンドラヤーン1号(2008年)なんだ。

 

ただ2020年には、太陽光のあたる所にも水が存在していると判明しているよ。水が永久影の外にも存在していると分かったんだ。

 

水分子はガラス質の構造に閉じ込められているんだと突き止められたよ。

 

月面に存在する「水」の量は、想定よりはるかに多い? ふたつの研究結果から見えた大いなる可能性(1/4ページ) - 産経ニュース

 

アルテミス計画

最後に、最近の宇宙探査のキーワードは「アルテミス計画」だよ。

 

これはもう一度、地球人による有人月面着陸をしようというNASAの計画だ。

 

しかも、結構近未来のタイムスケジュールで、2024年後半に有人で月周回、2025年中に有人で月面着陸の予定なんだ(※後に延期したよ)。

 

アルテミス計画、月面着陸を2026年に先送り 宇宙船開発で遅れ:朝日新聞デジタル

 

アルテミス計画と言えば、有人月面着陸なんだけど、Gatewayっていう構築物にも注目して欲しいな。

 

国際宇宙ステーション(ISS)の月バージョンみたいな感じで、有人の月周回基地になる予定だよ。

 

これは、2024年くらいから組み立て始めるらしいね。

 

実は地球人は今、月を宇宙探査の新拠点にしようとしているんだよ。

 

というのも、2030年代に地球人は火星への有人着陸を目指しているんだ。地球人の宇宙進出には目覚ましいものがあるね。

 

地球から火星に行くよりも、月から火星へ行く方が「コスパ」がいいんだね。

 

それで月を拠点にして、地球人は宇宙を駆け巡るんだ。僕も地球人の宇宙進出には興味津々なんだよ。

 

今回はここまでにしよう。

 

History for a Break

このブログでは、アンドロメダからやって来た宇宙人のliynが、歴史、文学、世界、宇宙などをテーマに調査を行っているよ。

 

簡単な記事を投稿をしていくから、たくさん読んでほしいな。

 

Read more

火星表面に新発見の火山か? 水と生命の痕跡 - History for a Break

エウロパ・クリッパー 木星の衛星エウロパ - History for a Break