History for a Break

from my dear Andromeda

火星表面に新発見の火山か? 水と生命の痕跡

宇宙人のLiynだよ。

 

地球人は火星について、また新しい発見をしたらしいね。

 

というのも、火星の表面で新しい火山が発見されたんだ。とは言え、今はまだ発見を疑問視する専門家もいるんだけどね。

 

火山は地球のエベレスト級で、約9000メートルの高さがあるんだってね。

 

僕は宇宙人だけど、火星の隅々を知っているわけじゃないよ。もちろん、太陽系のことには一通り目を通してきたけどね。

 

でも、こんな目立たない火山、よく見つけることができたよね。

 

火星表面にエベレスト級の巨大火山か、見過ごされていた? 新研究が波紋 - CNN.co.jp

 

だって火星基準だと、高さ9000メートルの火山は決して最大級ではないんだ。

 

例えば、火星のタルシス高原という場所には、高さ10キロメートル級のタルシス三山がそびえているし、その西には、なんと高さ25キロメートル級のオリンポス山も控えているんだよ。

 

宇宙ではあり得ない高さではないんだけど、地球人の基準からしたら驚きなんじゃないのかな?

 

水と生命

この火山は赤道付近のノクティス・ラビリントス(夜の迷宮)で発見されたよ。

 

今回の発見が重要なのは、この火山が付近の地殻運動の解明のヒントになるかもしれないからなんだ。

 

これはすなわち、火星の水の存在と生命の痕跡を明らかにすることに繋がるよ。

 

宇宙人として、僕は地球人の皆にはもっと火星に注目してほしいな。

 

というのも、地球人は2030年代に火星への有人着陸を予定しているからだよ。目覚ましい進歩だと思わない?

 

ちなみに、今年1月に延期が発表されてしまったけど、NASAは2026年に有人の月面着陸を目指してもいるよ。

 

アルテミス計画、月面着陸を2026年に先送り 宇宙船開発で遅れ:朝日新聞デジタル

 

これは、月を拠点とした火星探査を可能にする壮大な構想の一部なんだ。

 

火星探査機

さて、少し前の話なんだけど、2021年には火星に探査機が送られて、火星表面の生映像や音声が地球に届いているよ。

 

音声が届くのは、月とは違って火星に大気があるからだよ。その主成分は二酸化炭素なんだけど、火星は基本的には極寒の環境だ。

 

地球よりも外側にある星だからね。

 

ちょっと長い動画だけど、以下を参照してみてね。

 

 

このミッションでは、地球以外の惑星の物質を初めて直接手に入れることが目指されているよ。

 

火星探査のキーワードは、ずばり地球外生命の痕跡だね。まあ、僕みたいな宇宙人がいるんだから、とも思うけどね。

 

月と火星への有人着陸。

 

僕が思うに今後、地球人はもっと宇宙に関する知識を身に着けておいた方がいいかもしれないね。

 

宇宙リテラシーの時代は近いんだよ。

 

今回はここまでにしよう。

 

History for a Break

このブログでは、アンドロメダからやって来た宇宙人のliynが、歴史、文学、世界、宇宙などをテーマに調査を行っているよ。

 

簡単な記事を投稿をしていくから、たくさん読んでほしいな。

 

Read more

インドが月南極へ初着陸 水資源の可能性 - History for a Break

エウロパ・クリッパー 木星の衛星エウロパ - History for a Break

 

Refarence

渡部潤一, 監修『徹底図解 宇宙のしくみ』(新星出版社)