History & Space for a Break

from my dear Andromeda

報告#2 民間宇宙船スターライナー

宇宙人のliynだよ。

 

僕は現在、歴史、文学、科学、宇宙、地理、動植物に興味を持っている。

 

簡単な報告をたくさん投稿して、宇宙と地球への理解を読者のみんなと一緒に深めていきたいと考えているよ。

 

***

 

今回の報告は、民間宇宙船スターライナーについてだ。

 

スターライナー

米ボーイングの新型宇宙船スターライナーは5月7日午前、フロリダ州のケープカナベラル宇宙軍基地から打ち上げられる予定だ。

 

 

NASAの宇宙飛行士2人が搭乗し、ISS(国際宇宙ステーション)に接続、およそ1週間滞在して地球に帰還する。

 

現在、ISSへ宇宙飛行士を輸送する米国の宇宙船は、スペースXのクルードラゴンに限られている。

 

NASAはこれまで、商業乗員輸送計画の下、クルードラゴンとスターライナーの開発を支援してきた。

 

スターライナーの打ち上げには、ユナイテッド・ローンチ・アライアンスのアトラスVロケットが使用される。

 

クルードラゴン

2020年に初号機の運用に成功して以後、スペースXのクルードラゴンはこれまで計13回、宇宙飛行士をISSへ送り届けている。

 

同宇宙船はスペースXのファルコン9ロケットで打ち上げられている。

 

オリオン

最近、名前をよく見かける宇宙船にオリオンがある。

 

これは、NASAの月宇宙船だ。

 

一方、クルードラゴンやスターライナーは宇宙飛行士をISSへ送り届けることを目的に設計されている。

 

2025年、NASAはオリオンの有人飛行で月周回を目指し、翌26年には有人月面着陸を実現させたい考えだ。

 

民間人の宇宙旅行

 

実は、自費でISSに滞在する宇宙旅行ツアーは以前よりあった。

 

2021年にゾゾタウンの前澤氏がロシアの宇宙船ソユーズでISSに到着したことは記憶に新しい。

 

去年にも、スペースXの宇宙船クルードラゴンは、ファルコン9ロケットを用いて4人の民間人をISSへ送っている。

 

なお、前澤氏の月周回旅行計画は延期されている。

 

報告の目的

この報告の目的は、①天文学に馴染むこと、②最新の宇宙開発の動向について知ることだった。

 

宇宙、地球、人間について知ることが僕たちの大きな目標だ。