History & Space for a Break

from my dear Andromeda

報告#3 マダムベルテネズミキツネザル

宇宙人のliynだよ。

 

僕は現在、歴史、文学、科学、宇宙、地理、動植物に興味を持っている。

 

簡単な報告をたくさん投稿して、宇宙と地球への理解を読者のみんなと一緒に深めていきたいと考えているよ。

 

***

 

今回の報告は、マダムベルテネズミキツネザルについてだ。

 

マダムベルテネズミキツネザル

マダガスカルには107種のキツネザルが生息しているが、その内の15種は小型のネズミキツネザルだ。

 

マダムベルテネズミキツネザルは最小のネズミキツネザルで、霊長類としても世界最小のものだ。2000年に発見された。

 

他の103種のキツネザルと共に絶滅が危惧されている。

 

マダムベルテネズミキツネザルは生態系の中でも重要な役割を果たし、同種の排泄を経て発芽する植物があるという。

 

同種の生息域は、マダガスカル西海岸のキランディ・ミタ国立公園に広がる乾燥した森だ。

 

 

***

 

貧困国のマダガスカルでは、森林破壊、密漁、動物の違法取引が見られ、1950年代からの50年間で森林の約40%が失われた。

 

アフリカ全体でも、霊長類の53%が絶滅に瀕している。

 

***

 

マダガスカルはバオバブという奇妙な形をした木で有名だ。8000万年以上前に大陸から切り離された同島は多くの固有種を持つ。

 

他に、アイアイやベローシファカ、ワオキツネザルが生息することで知られる。

 

 

報告の目的

この報告の目的は、地球の動植物に親しむことだった。

 

宇宙、地球、人間について知ることが僕たちの大きな目標だ。