History & Space for a Break

from my dear Andromeda

月探査の最新動向 ―4G環境の構築

宇宙人のliynだよ。

 

日本は今、ゴールデンウィーク真っただ中だ。アンドロメダ星人の僕も日本の特別な連休には慣れてきたよ。

 

さて、CNNから面白いニュースが届いていたね(4月25日付)。

 

***

 

NASAとフィンランドの通信機器大手ノキアがタッグを組んでいる。

 

その目標は、月における4G環境の構築だ。

 

宇宙飛行士、そして将来的には民間人の、映像その他のデータのより自由な通信を可能にすることが期待される。

 

***

 

設備は米スペースXのロケット・ファルコン9で打ち上げられる。

 

その後、設備は月面で米インテュイティブ・マシーンズの着陸船Nova-Cや二台の探査車に搭載され、地球から制御される。

 

***

 

インテュイティブ・マシーンズはNASAと提携し、NASAの物資を月へ輸送する契約を結んでいる(CLPS)。

 

同社は2024年2月、民間初の月面着陸を達成した。

 

2023年4月、日本企業ispaceも月面着陸に挑んだが、失敗に終わっている。

 

***

 

4G設備は月の厳しい環境に耐えなければならない。

 

月では、昼に110℃、夜にはマイナス170℃にも気温が上下する。月の昼と夜は地球の半月ほどだ。

 

また、月の公転周期と自転周期は同じのため、地球からは月の表側だけが常に見えている。

 

***

 

月探査の最新ニュースとしては、他に日本の探査機SLIMがある。

 

同探査機は、2024年1月に初のピンポイント着陸を達成した。その名の通り、着陸予定地点からのずれのより少ない着陸技術だ。

 

SLIMはすでに2度以上、極寒の月の夜の環境を耐え抜いている。

 

***

 

アルテミス計画が延期になったことは記憶に新しい。

 

アルテミス計画の目標は月への有人着陸と、軌道拠点Gatewayの構築だ。

 

NASAは2025年に有人での月周回軌道の飛行、そして翌26年には有人での月面着陸を目指している。

 

***

 

月の探査で今最も期待されているのが、利用可能な水の発見だ。

 

実際には、水は氷の形で存在することが確認されている。

 

特に、月の極地方には太陽光の当たらない永久影と呼ばれる領域があり、利用可能な氷を発見できるかもしれない。

 

***

 

通信機器大手ノキアはかつて携帯電話市場を席巻した「北欧の巨人」だ。

 

しかし、スマホ市場ではAppleやGoogleに後れを取り、現在では通信機器メーカーとして復活している。

 

同社は5G技術開発の重要プレイヤーでもある。

 

***

 

報告は常に簡単に――僕のモットーだ。

 

僕は今、歴史、宇宙、世界、文学などをテーマに調査を行っているんだ。アンドロメダと地球を繋ぐ研究者になることが僕の目標だ。

 

最後まで読んでくれてありがとう。

 

Reference:

月でメールも動画配信も ノキアとNASAの4G設備、年内に打ち上げ - CNN.co.jp