教皇庁、公用車を電気自動車(EV)に

バチカンは世界最小の国家として有名だ。

ローマ教皇の御座所で、イタリアのローマ市内にある。

 

そのバチカンで、公用車を全て電気自動車(EV)に転換する方針が発表された。

 

▽ヴァチカン

サン・ピエトロ大聖堂

 

フォルクスワーゲン

EVへの転換を実施するにあたり、教皇庁は独フォルクスワーゲンと契約した。

すでに2台が納車されていると言う。

 

目標期限は2030年で、市内には充電ネットワークを築く計画だ。

更に、電力には再生可能エネルギーを利用する。

 

バチカンの全車両をEV化、フォルクスワーゲンが提供 - CNN.co.jp

バチカンが独VWと契約、全公用車を30年までにEV切り替え | ロイター

 

EU

これはヨーロッパ連合(EU)の話であるが、EU域内では、2035年よりガソリン車の新車販売が原則として禁止される。

加えて、2050年には域内での温室効果ガス排出量ゼロを目指している。

 

EU、ガソリン車の新車販売禁止 35年までに - 日本経済新聞

 

なお、日本でも同様の計画が発表されていることを付記しておく。

 

教皇フランシスコ

2013年に選出された教皇フランシスコは、その2年後の「回勅」(あるテーマに関して信徒に語りかける手紙)において、環境問題に言及した。

 

その中で、教皇は社会的弱者と脆弱な自然環境とが同時に傷つけられていることを指摘した。

 

また、最近の日曜正午の祈りでは、教皇は「気候危機は、すべてを生命のためにつくられた神の計画に反するもの」と訴えている。

 

「地球上の生命を脅かす気候危機」教皇、日曜正午の祈りで - バチカン・ニュース

 

COP28

環境保護を重要視し、化石燃料からの脱却を主張している教皇フランシスコは、間もなく開催される国連気候変動枠組条約締約国会議(COP28)に出席する。

 

会議は2023年11月30日から約2週間開かれる予定だ。

 

今年の開催地はアラブ首長国連邦(UAE)のドバイだが、波紋もある。

議長に指名された人物が、UAEの石油会社のCEOだからだ。

 

グレタ・トゥンベリ

ここで、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリに登場してもらおう。

 

彼女は繰り返し、各国の指導者や大企業幹部が、「自分たちや企業の強欲、目先の経済的な利益を、一般大衆や地球(環境)より優先させている」と訴えている。

 

これは、おそらく環境活動家の間では常識なのだろう。

そういう意味でも、今年のCOP28の議長を石油会社のCEOが務めることは、何か時代錯誤の感がないでもない。

 

なお、グレタはこの決定に関して「笑止千万だ」とコメントしている。

 

大企業や各国指導者の強欲批判 環境活動家グレタさん、ダボスで(共同通信) - Yahoo!ニュース

 

追記

今朝、ローマ教皇が健康問題でCOP28への参加を取り止めたと報道された。

教皇は「とても残念な気持ち」で医師の勧めに従ったと言う。

 

ローマ教皇、健康問題でCOP28出席取りやめ | ロイター

シャルトル大聖堂と聖母マリアの御衣

シャルトル大聖堂。

その建築の物語は、以下のように伝えられている。

 

***

シャルトル大聖堂は、フランスのシャルトルにある大聖堂。

フランスで最も美しいゴシック建築の一つで、二つの尖塔が印象的だ。

***

 

9世紀、シャルトルには昔からの教会があった。

教会の中には古い井戸があり、その水は病を癒やすと言われた。

 

その評判も手伝ったのだろう。

教会はシャルル2世禿頭王(カール大帝の孫)から、ある宝物を寄進された。

 

宝物とは、聖母マリアの御衣のことだ。

 

それから数年もしない内に、町はノルマンディ公国の攻撃を受け始めた。

敵は、北フランスにあったノルマン人の国だ。

 

シャルトルの城壁はボロくて、町は敵に為す術がなかった。

 

そこで、町の司教は機転を利かせた。

なんと、彼は城壁に登って、そこで聖母マリアの御衣を振って見せたのだ。

 

するとどうだろうか。

聖なる威力に震え上がった敵の軍勢は、たちまち逃げ出してしまったのだ。

 

それから、聖母マリアの御衣は聖遺物箱に大切にしまわれ、教会にはたくさんの巡礼たちが訪れるようになった。

 

新しい大聖堂の建設が始まったのは、12世紀の半ばのことだ。

昔からある教会は、多くの巡礼が訪れるにはあまりに小さ過ぎると思われた。

 

悲劇は、そのおよそ50年後に訪れた。

1194年の夏の深夜、大火災が建築中の大聖堂を襲ったのだ。

 

大火災の原因は雷だったと、ブリズバールという人は言っている。

 

住民たちが絶望したのももっともだろう。

なぜなら、あのかつて町を救った聖遺物、つまり聖母マリアの御衣は、建物と一緒に焼けてしまったに違いなかったのだから。

 

しかし、奇跡は起こった。

焼けた石の間から、聖遺物が無事で発見されたのだ。

 

すぐに、もう一度大聖堂の建築が始められた。

多くの人が――シャルトルでも、他の町でも――進んで献金を行った。

 

大聖堂は今も町の象徴として人々に愛されている。

 

▽シャルトル大聖堂

シャルトル大聖堂

 

Series

Ⅰ. フランス シャルトル大聖堂

Ⅱ. This article.

 

Reference

ブリズバール『フランスのくらしとあゆみ  シャルトルの大聖堂』(西村書店)

フランス シャルトル大聖堂

フランスと言えば、もちろんパリだ。

ここから、日帰りで観光できる町や都市も少なくない。

 

フォンテーヌブロー、ルーアン、ランス、モン・サン=ミッシェル。

リヨンも選択肢の一つだ。

 

しかし、今回はシャルトルを取り上げてみよう。

 

パリのモンパルナス駅から電車で約60分。

シャルトルの駅で下車し、東へ10分ほど歩くと、私たちの目的地だ。

 

シャルトル大聖堂

シャルトル大聖堂は、フランスで最も美しいゴシック建築の一つだ。

まずは、その外観を見てみよう。

 

▽シャルトル大聖堂(南側)

シャルトル大聖堂

少し遠くから、南側(大聖堂側面)を写したものだ。

青銅色の屋根を含め、全体は可愛らしくもある。

 

▽シャルトル大聖堂(西側)

シャルトル大聖堂

次は、駅から大聖堂へ向かう途中の広場から、西側を写したものだ。

こちら側が大聖堂正面にあたる。

 

上の写真で注目すべき点は、二つの尖塔が左右で形を異にしていることだ。

 

シャルトルブルー

シャルトル大聖堂は、ステンドグラスでも知られている。

その特徴は、美しい青色だ。

 

▽ステンドグラス

ステンドグラス

この印象的な青は、シャルトルブルーと呼ばれている。

 

▽ステンドグラス(二枚目)

ステンドグラス

上の写真には、何か不思議な雰囲気が感じられるだろう。

 

イエス・キリスト、聖母マリア、聖書の諸場面。

それらが、大聖堂のステンドグラスに色鮮やかに描かれている。

 

2つの塔

なぜ、シャルトル大聖堂の塔は左右で形が違うのだろうか?

 

1194年、シャルトル大聖堂は大火災に包まれた。

この火災で、一度ほとんどの部分が焼失してしまうことになった。

 

しかし、西側正面と鐘楼だけは焼けずに残った。

 

右側の塔は火災以前のものが、そのまま残されたものだ。

これは、ロマネスク様式で建築されている。

 

一方、左側の塔の尖塔部分は16世紀のものだ。

こちらは、装飾的な後期のゴシック様式で建築されている。

 

▽シャルトル大聖堂(2つの塔)

シャルトル大聖堂

 

シャルトルの街並み

古都シャルトルは静かな町だ。

以下の動画では、その街並みをダイジェストで味わうことができる。

 

▽Youtube

 

Series

Ⅰ. This article.

Ⅱ. シャルトル大聖堂と聖母マリアの御衣

ガザ危機と「ビンラディン書簡」

2023年10月7日以降、ガザ地区でのイスラエル軍の軍事行動が連日報道され、人道的な観点から批判を集めている。

 

11月18日現在、イスラエルでの死者は1000人以上、パレスチナ人の死者は1万人以上だと言われている。

 

ビンラディン書簡

そのような中、奇妙なニュースがCNNで取り上げられた。

 

報道によれば、ここ数日、オサマ・ビンラディンの書簡なるものを紹介し、イスラエルを支援するアメリカ政府を批判する内容の動画が、TikTok上で多数再生されていると言うのだ。

 

同トピックの動画の再生回数は、1400万回を超えている。

 

ビンラディン容疑者に共感する米国の若者、ティックトックに相次ぎ動画投稿 - CNN.co.jp

 

9.11テロ事件

オサマ・ビンラディンは、2001年にアメリカで起きた9.11テロ事件の首謀者とされる人物だ。

 

この事件では、4機の旅客機がハイジャックされ、2機がニューヨークの世界貿易センタービルに、1機が国防総省(ペンタゴン)に激突し、残る1機がペンシルヴェニア州のシャンクスヴィルの野原に墜落した。

 

アメリカ史上最悪とも言える事件で、3000人近くの人が亡くなった。

 

当時のブッシュ大統領は、テロ組織アルカイダの排除とビンラディンの捕捉を目的として、即座にアフガニスタンへ侵攻した。

 

これは、アフガニスタンの武装組織タリバンが、アルカイダとビンラディンを匿っているとの主張に基づいていたが、実際にビンラディンの居場所を突き止め、殺害したのは、2011年のパキスタンでのことだった。

 

その後、ブッシュ大統領はイラク、イラン、北朝鮮を「悪の枢軸」と呼び、大量破壊兵器を所持しているとの理由で、2003年、イラクに侵攻した。

 

「9/11」から20年 あの日、何があったのか - BBCニュース

 

書簡の内容

ビンラディン書簡は次のように主張する。

 

ユダヤ人がパレスチナに対する歴史的権利を有するというでっち上げのうそを、あなた方がまだ飽きることなく繰り返しているのを見て、我々は笑いと涙が止まらない。

 

この書簡は、9.11テロ事件を正当化する目的で、2002年に公表された。同事件におけるアルカイダの主張は、イスラーム圏での様々な混乱の責任は、アメリカとその同盟国にあるというものだった。

 

今回のTikTokでの現象に関して、ホワイトハウスのベイツ報道官は、以下のように発言している。

 

オサマ・ビンラディンの卑劣な言葉と関連付けることによって、米国人2977人の死を今もいたんでいる遺族を侮辱することがあってはならない。

 

感情的タブー

今、9.11テロ事件を振り返った後の私には、ベイツ報道官の発言は、全く常識的なものに見える。

 

しかし、最初にこの発言を見た時の私はそうではなかった。

 

正直に言えば、私は初め、ガザでのイスラエル軍への支持を、アメリカがユダヤ人問題と結びつけて肯定していることに対するような、何か直観的に共感できないという印象を抱いた。

 

私は、9.11テロ事件ではアメリカへの同情の気持ちを持っているし、ガザでの事態に関しては、イスラエル人とパレスチナ人の平等を前提にした上で、いち早く収束することを祈っている。

 

しかし、ガザでの事態に対して、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツが、ユダヤ人問題への感情的タブーから安易に発言し、行動したことについて、私は同じ船には乗れないと思った。

 

アメリカの若年層

ところで、アメリカにおいて、TikTok上で親パレスチナ的な動画を再生しているユーザーのほとんどが若年層であるらしい。

 

一方、親イスラエルの動画を再生しているユーザーの多くは35歳以上だと言う。

 

すると、1990年代の後半以降に生まれた若年層こそが、ガザでの事態に対して、親パレスチナに傾いている主な年代であることになる。

 

これは、感情的な偏向に対する、若者の直観的な反発かもしれない。直観とは、時に極めて理性的なものだ。

 

親パレスチナに傾く米若者、同情派6割がZ世代 バイデン政権の急所に - 日本経済新聞

 

過去は忘れられていく

ベイツ報道官は9.11テロ事件の記憶が正しく継承されていないことを憂いているかもしれないが、どうやら、過去は忘れられていくものらしい。

 

しかし、ここでいう「過去」とは、同時代的、無反省的な感情のことだ。

 

それは必ずしも誤りではないが、無節度と不公平に陥り勝ちで、危険なものでもあるということは、言うまでもない。

 

とはいえ、ビンラディン書簡への共感に関して言えば、それが健全な批判精神の表れであるかどうかは疑わしいのだが、この判断の基準は、決して感情的タブーに基づくものではない。

 

これは、常識的な共感の問題なのだ。

 

批判精神の問題

テレビやSNSのニュースを見ていると、タレントなどが剥き出しの批判精神や合理主義を発揮して、言論をリードしている場合がしばしばある。

 

しかし、批判精神はある種の毒だ。取り扱いには十分注意しなければ、私たちの健全な精神を荒廃させかねない。

 

というのも、批判精神だけでは、私たちは「何が嫌いか」に基づいて価値基準を定めることには成功するが、「何が好きか」、「何が好ましいか」に関する感性は、思うように育たないからだ。

 

健全な、あるいは常識的な共感は、「何が好きか」、「何が好ましいか」に関する感性の延長にあるのかもしれない、と私は思う。

 

そのような常識的な感覚を抜きにして、過去の再継承だとか、先入観からの自由だとかを期待することはできない。

 

ワイズ師の発言

最後に、公平性のための一助として、次の事実を付言しておきたい。

 

それは、全てのユダヤ系の人々が、イスラエルの軍事行動を支持しているわけではないということだ。

 

例えば、ユダヤ系の平和団体「ジューイッシュ・ボイス・フォー・ピース」のワイズ師はこう言っている。

 

ユダヤ人の安全のためにパレスチナ人を犠牲にすべきという組織からは身を引く。どちらか一方ではない。全員がそうなるか、誰もそうならないかのいずれかだ。

 

ワイズ師の発言は厳しい。しかし、国際的な平和に対する責任の問題は、時に有無を言わさぬ真理に私たちを導くもののようだ。

 

ユダヤ人団体が全米で抗議デモ、即時停戦とパレスチナ人の公正訴え(1/2) - CNN.co.jp

インドが月南極への着陸に成功 世界初!

チャンドラヤーン3号

有人ではなく無人探査機の話だよ。

 

2023年8月23日。

インドの無人探査機「チャンドラヤーン3号」が月の南極への着陸に成功。

世界初!

 

月の南極はクレーターや岩が多く着陸困難。

 

2023年8月20日、ロシアの着陸作戦は失敗。

2019年の「チャンドラヤーン2号」の時は、インドも失敗している。

 

月の乗り物

チャンドラヤーンはサンスクリットの合成語。

 

チャンドラは月。

ヤーナは乗り物。

 

チャンドラヤーンとは、月の乗り物。

 

Its Importance

チャンドラヤーン3号の主なミッションとは、

 

月の水の氷を発見すること。

 

月で水を確保することができれば、

将来、人類が月に居住する際に利用することができ、

ロケットの燃料にすることもできる。

 

地球から月に水を送ろうとすると、

1リットルあたり1億円のコストがかかるとか。

 

30分アニメ1話分の製作費は、1000万円以上。

 

2期製作か

水か。

 

月の水

1969年。

人類初の有人月面着陸。アポロ11号。

 

アポロ計画(1960~70年代)当時、月には水はないとされていた。

 

が、その後。「ありそうだ」とは言われてきた。

 

2018年、「直接的な」証拠が発表される。

少なくとも、月の北極と南極には水が存在することが判明。

 

海があるわけではないけど。

何らかの形で水分子が存在する、みたいな話。

 

月の両極のクレーターには、常に太陽光の当たらない場所がある。

永久影(えいきゅうかげ)と言う。

 

永久影は、常時マイナス128度以下という世界。

水は、蒸発を免れて捉えられている。

 

そのような場所を、コールド・トラップとも呼ぶ。

 

この発見の基となった観測データを採取したのは、

インドのチャンドラヤーン1号(2008年)である(!)

 

更に。

2020年、太陽光のあたる場所にも水が存在していることが判明。

水は、永久影以外にもある!

 

水分子は、ガラス質の構造に閉じ込められているらしい。

 

アルテミス計画

最近の宇宙事情のキーワードは、アルテミス計画。

もう一度、有人月面着陸をしようというNASAの計画です。

 

しかも、結構近未来のタイムスケジュール。

 

2024年後半、有人で月周回。

2025年中、有人で月面着陸。

 

アルテミス計画と言えば、有人月面着陸。

でも、Gatewayってのにも注目。

 

国際宇宙ステーション(ISS)の月バージョンみたいな感じ。

有人の月周回基地。

 

2024年くらいから組み立て始めるらしい。

 

宇宙探査の新時代

今、月で何をしようとしているのか?

 

一つには、月を宇宙探査の新拠点にしようとしている。

 

2030年代。

アルテミス計画は、火星への有人着陸を目指す。

 

地球から火星に行くよりも、月から行く方が都合がいい。

月を拠点にして、人類は宇宙へ出るようになる。

 

火星を近い将来の目標とすると、

チャンドラヤーン3号もその準備段階であると言える。

 

以上、「利用可能な」水資源の探索の位置付け、的な話でした☆

 

Reference

インドの無人探査機が月の南極に着陸 世界初 - BBCニュース

「月に水がある証拠」は10年前のデータにあった 新事実を発掘した研究チームの挑戦(1/4ページ) - 産経ニュース

月面に存在する「水」の量は、想定よりはるかに多い? ふたつの研究結果から見えた大いなる可能性(1/4ページ) - 産経ニュース